スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

踊る大捜査線3

今日の土曜シネマは踊る大捜査線3

軽く、感想書いて今日は終わります。


踊るシリーズの中で、意外と印象が薄い3(個人的に)。

なんでかなーって考えたところ、
・登場人物が増えてる(新キャラが多い)

・青島と室井さんの絡みが0に近い

・事件自体は、1・2の方が大きいし、複雑

・1・2のように、大怪我をする人が出ない(まぁ、目をやられる人はいますが)


というような要素があるのではないかと。

なんだか、湾岸署の引越しってのが大きくて、事件そのものに使う時間が少なかったように感じる。

新しい登場人物が多く、今までの人たちが薄くなってしまったのでは?というところも気になった。
特に強行犯係のメンバー。
紹介もなく新キャラが何名かいたし、キャラ付けのためか新メンバーとの絡みが多いように思えた。

鳥飼補佐官が室井さんの代わりのようにかなり登場していたが、これは重要人物ということだろう。
キャストも小栗旬と豪華だし。

鳥飼補佐官の登場が多いのはいいが、だからといって室井さんと青島の辛味の少なさは異常。
直接会話したの、ラストくらいじゃないか?


湾岸署も新しくなり、メンバーも新しくなり、署長も変わり、色々な変化があったのは次の映画への伏線と考えていいのだろうか。
踊る大捜査線4はまだ観ていないが、どんな終わり方でこの15年を締めるのか、この大勢いるキャストをどう使うのか、楽しみだ。
DVDになったら観ようかな。


批判的なことばかり書いてしまったが、もちろん、凝ってるなぁと思わせたところもある。
昔ドラマ・映画で捕まえた犯人を再登場させたり、実行犯はドラマ第一話で出てきた小学生だったり、スリーアミーゴーズは笑いを誘ったり。

刑事ものだけど、面白いところは面白い、真剣なとこは真剣、上手く分かれている映画だと思う。


今更、3の感想なんて書いても「4公開してますよ」って話だが。

映画館に行く時間はなさそうだから、DVDを楽しみに待とう。
いい終わり方を期待して。


以上、踊る大捜査線3の感想及び4への期待でした。

今日は映画のこと以外書くことありません。 おやすみなさい。
スポンサーサイト
2012-09-16(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

シーク

Author:シーク
2013年4月に東京のIT系企業へ入社。
IT知識が薄い,文系大学卒の 今年27歳♂です。
(社会人2年目)

■GLAYファン。GLAYは神。
 GLAYがTVに出演したときは
 それを書くでしょう。

GLAYファンの人と仲良くなりたいです。
Twitter:long_eyelash

■読書好き
<好きな作家>
・東野圭吾
・池井戸潤
・石田衣良

■仕事
・IT関係
 もう入社して4年目が終わります(2017/3)
 5年目、後輩育成に奮闘中。

更新は気まぐれ。

最新トラックバック
カウンター
訪問ありがとうございます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
86447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13568位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。